EPSリサイクル

ポリスチレンのリサイクル絶好の方法

2016年07月02日

リサイクルシンボル6
ポリスチレンのリサイクルは現在、重要性を増しています。一般的に見られるポリスチレンフォームは、食品トレーやカップなどの発泡ポリスチレン(EPS)、押出ポリスチレン(XPS)とポリスチレンペーパーを、含まれています。

発泡スチロールのリサイクルのステップ:
 
発泡スチロールのリサイクル
1.Collect廃棄物のポリスチレン
EPS圧縮機を経由して2.Volume削減、。
ペレット化を行うために会社をリサイクルする3.Ship。
額縁のような新製品を作るために4.Reuse。

GREENMAX APOLOシリーズは、ポリスチレンフォームのすべての種類を圧縮できます。

発泡スチロール圧縮機

1.EPS /発泡ポリスチレン(Styropor®)
2.XPS /押出ポリスチレン(スタイロフォーム™)
3.PSP /ポリスチレンペーパー(食品トレーやカップ)


なぜリサイクルポリスチレン?

ポリスチレンは、透明で摂氏100度より高いトランスレー温度で、最も一般的に使用される熱可塑性プラスチックの一つです。しかし、減衰することは容易ではないと白の汚染になって、リサイクルポリスチレン、天然の微生物によって分解します。だから、発泡スチロールのリサイクルは偉大必要です。

なぜ減容?

ポリスチレンフォームのすべての種類は、異なる方法でリサイクルして再利用することができます。しかし、ほとんどのポリスチレン製品は、現在、原因必要なコンパや物流システムに投資するインセンティブの欠如にリサイクルされていません。一般的に、ポリスチレンは、ポリスチレンフォームの低密度のために街頭でリサイクルすることはできません。収集するために経済的ではありません。その結果、メーカーは十分なスクラップを得ることができないため、発泡スチロールのリサイクルは、大きな可能性のビジネスです。

廃棄物は、初期圧縮プロセスを経由する場合には、材料は400キロ/ m3で、典型的には30キロ/立方メートルから密度を変化させ、再生プラスチックペレットの生産のための付加価値の高いリサイクル商品になります。それのリサイクルは、それを圧縮するための多くの新しい方法を上げ、業界で多くのことを改善されました。

  


Posted by セツナ at 12:01Comments(0)

ホワイト汚染を解決するために、新しい画期的な方法

2016年07月02日

最近では、米国の科学者だけでなく、分解性ポリエチレンプラスチック廃棄物indusryに突破口を発表したプラスチック廃棄物の汚染を解決するための可能な新しい方法を提供します。廃EPSとEPEフォームは、「白色汚染」と呼ばれており、分解生成物はまた、クリーンなディーゼルを生産する炭素資源のリサイクルを促進するために使用することができます。
協力泡のリサイクル
研究は黄鄭研究グループ、有機化学およびガバナンスの上海研究所によって開発された、彼らはカリフォルニアのアーバイン大学と協力しました。関連の論文は、最新の米国の「科学の進歩」誌に掲載されています。

「白い汚染 "によって引き起こされる廃プラスチックは、世界中のthorniest環境問題の一つです。ポリエチレンの年間生産量は、プラスチック製品のすべてで最大のですが、ポリスチレンはまた、分解することが困難であり、最も安定なポリマー材料の一つです。現在、廃プラスチックの大半、主に埋め立てや燃焼​​を通じてリサイクルが、前者は、大気汚染の増加につながる土地資源と簡単に汚染地下水汚染の多くを、占領しました。
リサイクル研究
新しい研究では、科学者は、アルカン交差複分解触媒の戦略を用い、反応物、溶媒およびポリエチレン組換え反応として安価で低炭素アルカンを用い、効果的に炭素鎖長および分子量ポリエチレンを減少させました。低炭素アルカン多数の燃料油又は天然ガスとしての役割を果たすことができない、石油精製の副産物で生成され、利用価値は非常に限られています。

黄鄭は、新しい技術がように、高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、線状低密度ポリエチレンを含むポリエチレンのすべてのタイプを、低下させることができ、前記、および触媒は、市販グレードのポリエチレン、種々の添加剤と互換性があります。実生活では、この技術は、プラスチックボトル、廃プラスチックフィルム、プラスチックバッグやその他の廃棄物を含む、ポリエチレンの廃プラスチックの様々な分解するために使用することができます。
廃棄物の白色汚染
ポリエチレンの劣化が現在熱分解法を使用しますが、この方法は、多くの場合、400以上の℃の反応温度、等ガス、オイル、ワックス、コークス、を含む容易に製造する非常に複雑な製品を、必要とする、利用価値は低いです。しかし、黄はまた、新技術のコストを低減させることがまだ持っていると述べました。次に、それらは、より効率的な、より安定した、低コストのリサイクルポリエチレン分解触媒を開発します。


しかし、INTCO GREENMAXはフォームのリサイクルマシンのシリーズを研究開発しました。作業者は、ポリスチレンのリサイクルマシン容器にEPS廃棄物を置く必要が、その後ブレードは、電力とピースに材料を粉砕します。その後の作品は、圧力下でタイトなEPSブロックに圧縮されます。このように、最後に締まりのない、大きなサイズのEPSは、定期的かつタイトなブロックに圧縮されます。リサイクル方法は、地球環境を守るために非常に必要です。

  


Posted by セツナ at 11:52Comments(0)

CHINAPLAS 2016国際プラスチック展

2016年04月13日

CHINAPLAS 2016国際プラスチック展
アジア一、世界第二国際プラスチックゴム工業展覧会
第30回中国国際プラスチックゴム工業展示会
展示会の時間:2016.4.25-28
展示会場:上海.新国際博覧センター(浦浦)は
主催:アドセイル展示サービス株式会社
協賛単位:中国の軽工業連合会―中国プラスチック加工工業協会、
中国プラスチック機械工業協会、
広東省プラスチック工業協会、
デュッセルドルフ展(中国)有限会社、
上海プラスチック業界協会
北京雅展展示サービス有限会社
公式サイト:http // www.chinaplasonline.com
見学対象:下記業界の製品メーカー/販売代理店/エージェント/サービス単位:
・自動車建築、都市インフラ・化学工業及び原材料・電子情報や電気・包装エンドユーザー(を含む食品、飲料、化粧など)・汎用プラスチック製品・照明及びLED・機械製造・医療・金型・包装・プラスチック家具・リサイクル・ゴム製品・ケーブル・その他:玩具、文教スポーツ、アウトドア用品や道具など
展示品の範囲:
十六大製品ブース:射出成形機械専区、押出機械専区、プラスチック包装やブロー成形機械専区、薄膜技術専区、ゴム機械専区、オートメーション化技術専区(新)、補助設備及びテスト器具専区、金型及び加工設備専区、中国の輸出機械及び原材料館、回収再生技術専区(新)、化学工業及び原材料専区、添加物コーナー、絵の具や色母粒専区、複合や特殊材料専区(新)、バイオプラスチック専区や半製品専区
展示会の紹介:
創設1983年の国際プラスチック展が、業界を超えてと共同で30回一裏塚。展示会のフォーカス「革新.自動化.環境技術」の三大業界に熱が世界のトッププラスチック材料、機械設備と技術の最新ソリューション、時代に合わせて業界の市場からの需要。国際プラスチック展は商業貿易プラットフォームだけでなく、も専門家が一堂に会して得る啓発の場所。展示会が観客に示す新材料、新技術にとらわれてもう汎用プラスチック制品の生産にではなく、自動車、電子電器、建築、包装、医療、および他の製造業界のユーザーに提供するために、より、より専門的な応用案。
INTCO RECYCLINGが4.25-28、展示会へ参加することとなりました。展示会に来られる方は是非弊社のブースまで来ていただければと思います。どうぞよろしくお願いします。
http://greenmax-jp.com/
http://greenmax-jp.com/archives/1625

                                                      


Posted by セツナ at 13:53Comments(0)

容器用発泡スチロール

2016年04月13日

発泡スチロール製の魚箱は、1966年ごろから丸干しやアジの開きなどの加工用魚箱が開発され、一つの市場を形成しました。鮮魚箱の分野では、木箱が使用されていましたが、木材の価格の高騰、流通手段の変化により1967年頃よりカツオ、イワシなどの鮮魚箱として穴あき発泡スチロール魚箱が使用されるようになり、その後蓋付魚箱が開発されました。これにより鮮魚と海水、氷を入れ、そのまま消費地へ運ぶという画期的な方法がとられ、「保冷性=鮮度保持」に威力を発揮するとともに「軽くて丈夫」「水を通さない」という特性から需要は急拡大しました。
リンゴ箱に代表される農産箱の需要も加わり、容器分野は国内の発泡スチロール市場の約6割を占める最大需要分野となっています。

断熱性
独立気泡(空気の部屋)が熱を遮り、冷たいものは冷たいままに、温かいものは温かいままの状態を保ち、生鮮食品の鮮度を保ちます。

軽くて丈夫
軽いので荷運びが楽で、積み上げてもつぶれない強度があるため輸送箱に適しています。

水を遮る
発泡した粒同士が密着(融着)して水を通さないため水容器に水を入れても漏れません。




  


Posted by セツナ at 13:40Comments(0)

廃プラスチック

2015年12月14日

5つの主要な廃プラスチック樹脂、PE、PP、PVC、PSがあり、これらの5つの95%を占めABS。 PE、PPは最高の回復です。どちらの利益が最も高くなります。
従ってビューの立体化学の点からPP--ポリプロピレン、IPP主鎖が(直線スラグ実際の)延伸場合、メチル(-CH 3)を含む分子中の各炭素原子が、すなわち、同一の構成を有し、主平面に配置された炭素原子の主鎖、全てメチル基(-CH 3)は主平面の同じ側に配置されています。  


Posted by セツナ at 09:41Comments(0)

洗浄圧縮機

2015年12月11日


回収された発泡スチロール魚箱、断熱材等に異物や汚れが付着する際、処理にお悩みの方はいませんか?当社にて開発した洗浄圧縮機が汚れた廃棄物を粉砕し、洗浄槽にて綺麗にしてから、乾燥減容する機器です。また、粉砕機、洗浄スクリュー、脱水乾燥、減容機等自由に組み合わせすることもできます。



A-SWD SYSTEM


粉砕、洗浄、乾燥、圧縮を一体にするリサイクル機器であり、魚箱や緩衝材等汚れている廃棄物は洗浄圧縮機一台で減容することにより、処理コスト削減に大いに貢献します。

操作の流れ

粉碎 512B.tmp

箭头

清洗 533C.tmp

箭头

洗净机 57B3.tmp

箭头

压缩 5CD1.tmp

対象物

発泡スチロール魚箱、緩衝材、建築用断熱材 等多種多様廃棄物の処理が可能です。

特徴

1、簡単な操作で、材料を50:1の比率で減容圧縮し、サイズを小さくします。

2、高効率、高安全性と低消耗を保つことができます。

3、SIEMENS, PHOENIX, SCHNEIDER等有名なメーカーの部品を採用し、制御箱一個だけで操作をコントロールできます。

4、粉砕機付きの為、1台の機器で粉砕、洗浄、乾燥、減容することが実現できます。

5、CE認証、UL/CSA標準。

この機器には粉砕、洗浄、乾燥、減容の機能があり、お客様のニーズにより組み合わせることも可能ですので、まず当社までお問い合わせください。  


Posted by セツナ at 10:08Comments(0)

 脱水機

2015年12月10日


脱水機
飲料メーカーの飲み物(例えば、コーラ、牛乳、ヨーグルト等)が賞味期限切れた場合に、どういうふうに処理されるかお困りの方がいませんか?水分が入ったままで、どうやったら処理できるでしょう。また、農業用フィルが泥土等が付着し、綺麗に選択してから、乾燥するにも相当費用と手間かかるではありません。当社がこういう難題を解決する為に、脱水機を開発し、現在世界中の関連業界で利用されています。

お絞り機

減容脱水機の構造はスクリュープレス式脱水機で、主に農業用フィルムのお絞り機として、またペットボトル、缶、瓶などの減容圧縮機として威力を発揮致しております。表面的な水分しか取れない脱水機とは異なり、強力に絞りとって90%-95%の脱水ができる処理設置です。

減容乾燥機
<対象物>

ペットボトル、農業用フィルム、PEフィルム、缶、瓶、ヨーグルト箱

その他、含水固形物、雑芥の脱水等

<特長>

1.セルフクリーニング機構により、運転中の洗浄水は不要です。

2.目詰まり皆無ですので、連続投入、連続運転が出来ます。

3.振動、騒音が全くありません。モーターの回転音のみです。

4.構造が簡単で、保守点検が容易です。手間もかかりません。




   


Posted by セツナ at 09:40Comments(0)

工業に常用の合成樹脂の重合方法

2015年12月08日


塊状重合法
塊状重合は単体で誘発剤や熱、光や放射線の作用の下で、プラス他媒体に行った重合過程。製品特徴は清らかで、必要がない復雑な分離、精製、操作が簡単で、生産設備利用率が高い。直接生産パイプ、板材など質品、故にと塊状重合。欠点は物質粘度ポリと反応をつれて増え、混合と伝熱困難、反応器温度制御しにくい。塊状重合法に使われるポリアクリル酸メチルプラス基(通称有機ガラス、ポリスチレン、低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステルやポリアミドなどのエステルの生産。  


Posted by セツナ at 09:34Comments(0)

中国へGREENMAX旅 - 英科パワー

2015年12月08日

中国へGREENMAX旅 - 英科パワー
英科グループと英国支店の戦略的協力:処理は白い公害、環境理念を実践。

英科ディーゼルエンジンメーカーは、国内企業として、毎日製造されたフォームをパッケージスペアパーツの多くは、これらの気泡のほとんどが二回再利用することはできませんタイムリーな治療の必要性があります。  


Posted by セツナ at 09:28Comments(0)

どのように鑑別再生プラスチック

2015年12月07日

鑑別再生プラスチック、主に次の3つの指標:
1、表面を見るの明るさ。
2、白度を見るだけでなく、表面を見るのを見て、主にうどんの白度。
3、かどうかを見て瀋水、見石粉量、普通の再生原料に多かれ少なかれ石粉から入ってきた原料はとても純粋で、もし上乗せ石粉ないならば、普通は瀋水。


  


Posted by セツナ at 14:41Comments(0)